【LoL】今から始めるサモナー向けに初心者の頃に知りたかった事を記してみる

今回は、これからLeague of Legendsを始めようと考えている人達に向けて、初心者の頃に知りたかった事を書いておこうと思う。

 

読み進める前に、この記事は2017/07に投稿されたものである事を心にとどめておいて欲しい。LoLで情報が大きく劣化することは少ないけれども、やっぱり情報は鮮度も大切!

 

各モードを軽く紹介するよ

最初に、LoLに存在する各ゲームモードと開放の条件について、簡単に説明しておこう。いきなり「何これ何がどうなるの」となったら困るからな。

  • AI戦 - サモナーズリフト
    最初から可能なAI戦
    3つの難易度を選択することができる

  • 対人戦 - サモナーズリフト - ブラインドピック
    Lv3になる頃(AI数回)に解放
    一気に選択するため準備時間が短い
    ミラーマッチになりやすい
    練習中の人から息抜き中の人まで色々
    LoLの中心(Rankedをやらない勢)

  • 対人戦 - サモナーズリフト - ドラフトピック
    Lv10&無料含め16体以上を所持していれば開放
    順番にBANやピック等をするため準備時間が長い
    LoLの中心(Rankedをやらない勢)
    人口不足で日本鯖にはない


  • 対人戦 - サモナーズリフト - ランク戦
    Lv30&無料を除いて20体以上(?)を所持していれば開放
    LoLの中心(Rankedをやる勢)

  • 対人戦 - ハウリングアビス - オールランダム
    Lv6で開放
    一本道のMAPで戦うお遊びモード
    昔はカスタム部屋でやるローカルな遊びだった
    ARAMだけで遊び続けている人達もいるくらい人気
    日本鯖では時間限定で解放される

  • トレーニング - プラクティスツール
    練習モード
    色々と設定できるし的も置ける
    確認作業にもってこい
    一回やってみるといいよ!

こんな具合に、League of Legendsはサモナーレベル1から始まって、サモナーレベルを上げるとルーン、マスタリー、ゲームモードが解放されていく。ゆえに、最初はサモナーレベル上げという名のチュートリアルから始まる。このチュートリアルは上限のLv30まで続く。

 

とりあえずは、最初のチュートリアルで超基本的なルールを覚えて、ボット戦で操作を覚えながら対人を選択できるレベルまで上げて、対人モードを選択できるようになったら対人モードへ向かってみるといい。

 

対人モードへ行ったあなたは、初心者とサブアカウントと他鯖からの出張者が混ざる混沌とした空間に放りこまれる。もしかしなくてもボコボコにされるだろうけれども、当たり前のことなので落ちこむ必要はない。それは全てのサモナー達が通る道だ。

 

だから、始めたばかりの頃は『ボコボコにされる覚悟で対人戦に通い、ボコボコにされながら良い動きをする敵を探し、そういう良い動きをする敵を殺すべく試行錯誤する』なんて感じで遊ぶと良い塩梅になるぞ。

 

もし目障りな暴言マンに出会ったのなら、TABを押したところに出てくるミュートボタンを押してしまうといい。

f:id:Zombee:20170715075024j:plain

永遠に会話を表示させたくない場合は『/ignore 名前』でブロックリストに追加することも可能。これは試合後のリザルト画面でも行える。有害だと感じる程の暴言なら試合後にから通報しておこう。理由を具体的に記しておけば彼等は消える。

 

試合中の役割を軽く紹介するよ

現在のLoLでは、次の中から役割を選んで遊ぶことになる。特に真面目に戦うランク戦では、マッチメイキングの時点で次の役割から選ぶことになるから、始めのうちから覚えておいて、得意なレーンを作っておくと遊びやすい。

それじゃ役割を軽く紹介していこう。

  • トップ
    上レーン担当。たまに遊撃兵。1vs1に強いファイターやタンクのタグを持つチャンピオンを中心に選ぶ。サモナースペルで視界確保用の設置物や味方ミニオンに飛べる『テレポート』を選び、このテレポートを駆使して試合に介入していく。人数差で狩れそうなところを襲う、味方と反対側で単独行動しつつ開戦と同時に合流する、テレポートを使って敵を後ろから襲撃する等の戦略を基本に動く。

  • ジャングル
    森を担当する。遊撃兵。レーンと違いモンスターからダメージを受けながらゴールドを稼ぐため適性のあるチャンピオンから選ぶ。適性のあるチャンピオンなら何でもいける。全てのレーンに介入できる場所にいるため試合の序盤で大きな影響力を持つ。レーンと違って特殊である、レーンの知識も必要になる、以上の2点を理由に慣れてないプレイヤーにとっては最も難しいであろう役割。全てのレーンに介入できるため、理不尽に敗北の理由を押しつけられたり、接待を要求されたりすることがある。

  • ミッド
    中央レーン担当。火力役。魔法ダメージと範囲攻撃を主力にするメイジを中心に選ぶ。大会の花形その一。機動性と単体に対する瞬間火力に優れたアサシンをやりたい場合もミッドになる。育成に適したレーンでもあるため、単純に育てたら強いチャンピオンを選ぶ場合もある。MAPの中央かつ火力役だから敵を襲いやすいし敵に襲われやすい。プレイヤーの能力次第で大きな影響力を持てる。

  • ボトム
    下レーン担当。火力役。通常攻撃の物理ダメージを主力にするマークスマンを中心に選ぶ。大会の花形その二。基本Attack Damage Carry(ADC)と呼ばれる。高い単体DPSを持つ存在になれるものの、その柔らかさと火力から敵に狙われやすい。敵の攻撃を移動やフラッシュで回避しながら、そう長くない射程の通常攻撃を駆使して攻撃する必要があるため、集団戦で最も難しい立場になる。クリック主体でクリックミスで簡単に死ぬからクリックミスが多すぎると厳しい。

  • サポート
    下レーン担当。支援役。ボトムで火力担当を支援しつつ、必要に応じてMAP全体を走りまわる。サポートタグのついたチャンピオンを中心に使う。味方のやりたいこと、味方チームのやりたい事を理解して支援する必要があるから色々と勉強することになる。優れたサポートは多くの知識と知恵を持つ。

大体こんなところ。好みの役割があったなら、そこで使われているチャンピオンを選んで始めてみよう。特にないのなら、全ての役割をやってみたり、チャンピオンを片っ端から触ってみたりしよう。好みの役割、好みのチャンピオンを見つけたら、そこから練習を始めればいい。

 

チャンピオンについて

レーンの話をしたから、各レーンで使われているチャンピオン、そのチャンピオンで使うマスタリーとルーンを調べる方法について軽く記しておこうと思う。これらの情報は基本的に海外サイトで調べることになる。今回は有名所を二つ紹介する。

jp.op.gg

チャンピオン分析、統計、各プレイヤーの情報、各プレイヤーのランクで使用したチャンピオンのKDA等を閲覧することができるサイト。右上にある言語の部分『Japanise』から他のサーバーの情報を閲覧することも可能。海外の大会で活躍しているプレイヤーの情報を見たいなら、その国のサーバーを選んでサモナー名を検索すべし。高ランクプレイヤーなら、そのサーバーのランキングから探してもいい。

 

champion.gg

こちらはチャンピオン分析と統計に集中しているサイト。英語。慣れたプレイヤーだとOPGGになると思うけど、始めたばかりの頃はフルビルドや選択肢に入るアイテムを知りたいから、こちらのサイトも利用していくと遊びやすい。STATISTICSにあるSort Roleからロールを選択すると各ロールのチャンピオンが表示される。

 

各アイテムの効果はWikiもしくは公式サイトで確認すべし。各チャンピオンの情報、スキルの威力やクールダウンを知りたい場合も同様。

http://gameinfo.jp.leagueoflegends.com/ja/game-info/items/

https://loljp-wiki.tk/wiki/?Item%2FCategory

ちなみに、インフルエンスポイント(IP)でチャンピオンを購入は、やりたいレーンで使用するレベル3ルーンの物理と魔法の汎用を作るポイントを残した後なら好きにやって大丈夫。ルーンがないと辛いだけだから、ルーンを後回しにしたチャンピオン購入はお勧めできない。あと、IPは急に貯まらないから使用は計画的に。

 

値段については、初期にいるチャンピオンは安く、最新のチャンピオンは高い。安いから弱い高いから強いなんて事はない。現在の勝率や好みで購入して大丈夫。個人的にオススメできるチャンピオンを各レーン5体ずつ選んだから参考程度にどうぞ。

zombee.hatenablog.com

 

ショートカットについて

これは長くなるから別の記事に纏めておいた。

zombee.hatenablog.com

ショートカットじゃなくて設定になるけど、ゲームの項目にあるオートアタックは思考停止で外していい。onのままだと損する。