【LoL】覚えておいたら役に立つショートカット

 

ショートカット

覚えておいたら役に立つショートカットを少し紹介。ここに書いていないショートカットについてはゲーム内のホットキーから確認して欲しい。

 

Shift + QWER

押すだけでスキルやアイテムを使用するクイックキャストの操作。素早くコンボを叩きこめる。射程や範囲は表示されないから頭に入れておく必要がある。慣れてきて「クリック要らん」となった頃からクイックキャストを使うようになる。設定でデフォルトにできるから、クイックキャストを求めるサモナーはデフォルトにしていると思う。画像の矢印のところを押したら簡単にon/offできる。アイテムやトリンケットも可能。

f:id:Zombee:20170718020422p:plain

設定でクイックキャストをデフォルトにした後、行き場を失ったShift+QWERを通常発動のキーにすると、普段はクイックキャストで範囲を表示して狙いたい場合にShift+QWERで通常発動といった感じにできる。

 

Ctrl + QWER

スキルのレベルを上げる操作。慣れたら便利だしクリックで上げる事はなくなると思う。急いでスキルを覚えたい時があるから余裕があったら覚えておきたいところ。

 

Alt + QWER

対象指定のスキルを自身に使用するセルフキャストの操作。レーン戦はそうでもないけど集団戦中はゴチャゴチャして失敗しやすいから覚えておくと便利。一部のチャンピオンで必須級。

 

Shift + 右クリック

ミニオンを含め最も近くにいる対象に通常攻撃をする。遠くを指定した場合はそこへ移動しつつ範囲に入った対象に通常攻撃をする。画像の項目にチェックを入れると挙動が変化する。onならカーソル付近を優先、offなら近くにいる敵を優先。

f:id:Zombee:20170718021832p:plain

重要な操作だから慣れておきたい。

  • ブッシュに入った敵を追う
  • 近くで動き回るチャンピオンを確実に攻撃したい
  • 移動のついでにワードを探して破壊する
  • 通常攻撃はしたいけどミスクリックで前に出たくない

なんて感じで使用する。

 

Alt + 左クリック

そのままクリック、敵をクリック、味方タワーをクリック、この三つを含めて7種類のpingを扱える。組み合わせたら細かい事も伝えられる。ちゃんと鳴らしたら後は伝わってることを祈れ。向かっている事を表すpingは重要。

 

Ctrl + 左クリック

危険や警告を意味するpingはこっち。主に退却や後退の合図に使われる。一つ具体例を挙げるなら、味方を襲おうとしてる敵を見つけた場合に、その位置から向かいそうな方向に向かって数回鳴らして知らせたりする。

 

チャンピオンだけをターゲットする

ホットキーのスキルとサモナースペル下部にある。通常攻撃と対象指定スキルで確実に敵チャンピオンを狙うのに使う。ミニオンやタワーに吸われる対象指定スキルを使う場合、敵タワーの裏に隠れられて通常攻撃を狙いにくい場合に便利。AやSPACEに設定しておいて押しながら戦えばいい。

 

【LoL】各レーン5体ずつ、初心者にオススメできるチャンピオン達を紹介する

今回は次の基準でオススメできるチャンピオン達を選んだ。

  • 勝率が安定している
  • 狙いが単純明快である
  • 操作で手一杯になりにくい
  • 上手くいったら気持ちいい
  • やってみる価値がある

以上の5点を考慮しつつ選んだものの、結局は個人的にオススメしているキャラクターでしかないから、読み流して「こいつはオススメされてたなー」くらいの感覚で扱ってほしい。こいつらは良いぞ! 

 

トップレーンでオススメできるチャンピオン。

  • シンジド
  • ケネン
  • マルファイト
  • イレリア
  • レネクトン

今回は彼等を紹介するぜ。個性的で面白いチャンピオンだ。こいつらは良いぞ!

 

シンジド

f:id:Zombee:20170716060609j:plain

シンジドは毒霧を撒きながら高速で走りまわって攻撃を避けつつ敵を味方に投げて敵陣を乱すタンク系のチャンピオン。上手く避けながら走りまわると敵の陣形が崩壊していく。こいつを追いかけた奴は死ぬ。移動速度の暴力と回避行動の重要性を知るのに持ってこい。

 

そんなシンジドのモンタージュ動画。

youtu.be

毒霧を撒きながら走る走る。魔力を強化して毒霧の威力を向上させ、防具を買って耐久面を強化し、露骨に「俺を狙わないと死ぬよ」と主張しつつ走って避けて纏わりつく嫌らしすぎるチャンピオン。

 

ケネン

f:id:Zombee:20170716061327j:plain

ケネンは強力な範囲攻撃で範囲内の敵を焼き尽くすニンジャ。敵の後衛に当てれば大打撃を与えることができる。3スタックに達するとスタンさせることができるパッシブ、長射程の手裏剣、スタック持ちへ飛ぶ雷撃、素早く移動できるダッシュスキル、自身を中心に嵐を発生させる広範囲攻撃と優秀なスキルが揃っている。機会を伺う事、奇襲の強さ、強力な範囲攻撃の暴力を知るのにもってこい。管理しやすいスキルコストだから戦いやすい。

 

そんなケネンのモンタージュ動画。

www.youtube.com

集団戦で彼のコンボを敵後衛に決めて溶かした時の気持ちよさは格別。雷の嵐で敵を吹き飛ばしてるのは魔法型。通常攻撃でペチペチ攻撃してるのは環境次第で表に出てくる物理型。魔法型を想定されているから物理型は消えつつある。

 

マルファイト

f:id:Zombee:20170716061342j:plain

マルファイトは敵に強力な突進をかますタンク系のチャンピオン。敵にスローを与えつつ移動速度を増加させ、岩の拳で対象と周囲をぶん殴り、地面を叩いて発生させた衝撃波で攻撃速度を下げ、渾身の突進で敵を1.5sも打ち上げる。

 

そんなマルファイトのモンタージュ動画。

www.youtube.com

防具を購入して戦いの火蓋を切り最前線で戦う姿はまさしくタンク。殴り合いも何気に強い。彼は突進だけの男じゃないぞ。特に物理攻撃中心の敵に強い。魔法型マルファイトはふざけた事をする際に選ばれるネタビルドだけど、ネタの中では強い部類だからバカにしてると痛い目にあう。

 

イレリア

f:id:Zombee:20170716061346j:plain

イレリアは1vs1と残党狩りに強い通常攻撃主体のファイター。通常攻撃で回復しながら敵を殴る。高性能な飛びつきと単体CCを持っているからアサシン的な動きも可能。ファイターの基本を詰めこんだようなチャンピオンで、初心者から上級者まで幅広い使用者がいる。

 

そんなイレリアのモンタージュ動画。

www.youtube.com

飛びつきを駆使して戦うからアサシンと言った方がしっくり来るかもしれない。でもイレリアはトップレーンでファイターなんだ・・・。たまにミッドで使う変態もいる。

 

レネクトン

f:id:Zombee:20170716061406j:plain

レネクトンは1vs1と少数戦に強いスキル主体のファイター。正しいコンボを扱えると一方的に敵を攻撃して離脱することも可能。こいつはスキルコストがなく、フューリーという特殊なゲージを管理してスキルを強化して戦うからマナ管理の心配がない。こいつもファイターの基本を詰めこんだチャンピオンで、初心者から上級者まで幅広い使用者がいる。

 

そんなレネクトンのモンタージュ動画。

www.youtube.com

行ったり帰ったり、行ったり行ったり、距離を調整しながら戦う。コンボ中に通常攻撃を混ぜ、足らない分を通常攻撃で補っていくことも忘れずに。

 

ジャングルでオススメできるチャンピオン。

  • ワーウィック
  • ラムス
  • カ=ジックス
  • ランブル
  • エリス

今回は彼等を紹介するぜ。HPの管理をしやすいチャンピオンを選んだから入門に持ってこいだ。ちゃんと一線級だぞ!こいつらは良いぞ!

 

ワーウィック

f:id:Zombee:20170716084741j:plain

ワーウィックはHPの減った敵を狩るファイター。敵の血を嗅ぎつけたら狩りにいく。自分で獲物を選ぶこともできる。回復持ちだからHPの管理がしやすく殴り合いも強い。フリーとサプレッションを持っているからCCも十分。

 

そんなワーウィックのモンタージュ動画。

www.youtube.com

血の跡がある時の移動の早さ、フリーとサプレッションと回復を駆使した殴り合いの強さに注目。短い飛びつきは敵の移動についていくから、敵の移動に合わせて使用するとついていく事も可能。

 

ラムス

f:id:Zombee:20170716091834j:plain

ラムスは移動速度増加、防御力アップに反射、タウントを持つ実にタンクらしいタンク。丸まって素早く敵に接近、タウントで目標を捕まえ、かたくなって攻撃する。周囲に地震まで起こせる。

 

そんなラムスのモンタージュ動画。

www.youtube.com

ともかく堅い。物理防御を上げるアイテムを積極的に買うから物理殺しすぎて物理は逃げる。地震、かたくなる、ソーンメイルでやたら痛いから柔らかいチャンピオンも逃げる。戦っているところを探して爆速で視界外から突っこんでいく。回復はないけど堅いからジャングルもやりやすい。

 

カ=ジックス

f:id:Zombee:20170716095445j:plain

カ=ジックスは孤立している敵を狩る物理型のアサシン。その鎌で敵を切り、針を飛ばし、跳躍して近づき、姿を隠して翻弄する。Rを取得・強化すると、いずれかのスキルを選んで進化させることができる。

 

そんなカ=ジックスのモンタージュ動画。

www.youtube.com

移動性能と瞬間火力の高さが魅力。孤立している相手ならワンコンボで落とせたりする。進化させたリープを使いこなすとデタラメな移動を実現できる。軽い回復を持っているからHPも大丈夫。中立モンスターを孤立させながら狩ることで素早く処理できる。

 

ランブル

f:id:Zombee:20170716110612j:plain

ランブルは強力な範囲攻撃を持つファイター。スキル1個で戦況を大きく変化させる楽しさを味わえる。火炎放射器で敵を燃やすのも楽しい。本来はトップのチャンピオンだけどジャングル適性があるからジャングルでも使える。珍しいピックだけどジャングルメイン的にオススメのチャンピオン。

 

そんなランブルのモンタージュ動画。

www.youtube.com

夢のある良い範囲攻撃だろう。威力も範囲も十二分、置き方次第で敵の移動を誘導することもできるぞ。マナなしでシールドと範囲攻撃持ちだから中立モンスターも楽々処理できる。

 

エリス

f:id:Zombee:20170717125547j:plain

エリスは人モードと蜘蛛モードを持つ魔法型のアサシン。人モードは無難な遠距離スキル、蜘蛛モードは近接スキルになる。7個のスキルを使いながら戦う事になるけど操作は単純。人モードで捕まえて人モードのスキルを使いきったら蜘蛛に変身してコンボの続きといった感じで、現在のモードのスキルを使いきったら変身する。

 

そんなエリスのモンタージュ動画。

www.youtube.com

蜘蛛モードは通常攻撃で回復するし幼体に攻撃を誘導すれば被弾なしで狩れるから中立狩りも楽ちん。集団戦前の30分頃まで最高に強い。

 

ミッドレーンでオススメできるチャンピオン

  • マルザハール
  • アーリ
  • ヴェル=コズ
  • カサディン
  • カシオペア

今回は彼等を紹介するぜ。 安定のピックと少し変わり種のチャンピオンも。ミッドは何でもやるもんさ。これ以外も色々と試して全て買うのだ・・・。

 

マルザハール

f:id:Zombee:20170716124512j:plain

マルザハールはペットを召喚して戦うメイジ。負のエネルギーを目から放って敵を拘束できる。単体用のチャネリング攻撃とはいえ最大で2.5秒も動けない。試合に存在するだけでサプレッション対策にデバフ解除アイテムを購入させることができる。甘えて買わない敵はカモ。柔らかいチャンピオンをやっている時、敵にこいつがいたら存在がハラスだと感じる。

 

そんなマルザハールのモンタージュ動画。

www.youtube.com

基本は虫の召喚と虫の誘導。歩かれてると当たらないけど止まってる敵やスローを当てた敵なら当たる。ファームも単純でミッド初心者でも装備を揃えやすいし他のことを考える余裕もある。何がきても戦えるし弱い時間帯もない。地味だけど堅実に強いチャンピオン。

 

アーリ

f:id:Zombee:20170716130707j:plain

アーリは高水準なスキルセットを持つアサシン寄りのメイジ。高性能なダッシュを使った派手な戦闘ができる。立ち位置を調整、待ち伏せ奇襲からの離脱にも便利。集団戦の前にチャームで敵のミッドやADCを捕まえたら勝負が決まることもある。

 

そんなアーリのモンタージュ動画。

www.youtube.com

基本はチャームを当ててからのコンボ。攻撃範囲が狭く、威力も他のアサシンやメイジと比べると大人しいから、当てられる機会にしっかり当てる必要がある。人気のあるチャンピオンだけど精度が低い頃は楽しみきれないかも。

 

ヴェル=コズ

f:id:Zombee:20170716140928j:plain

ヴェル=コズは範囲攻撃に優れた攻撃型のメイジ。とんでもない威力の破壊光線を持っている。他のスキルも優秀で強いんだけど破壊光線が強烈すぎて破壊光線の印象しかなくなるくらい破壊光線。パッシブに防御力を無視するトゥルーダメージまで持っている。

 

そんなヴェル=コズのモンタージュ動画。

www.youtube.com

この破壊光線を見てくれ。やっぱりメイジはこうでなくっちゃ。なんだかんだでアサシン相手でも戦える性能がある。敵を誘導して自分のペースに巻きこむ事が大切。

 

カサディン

f:id:Zombee:20170716153555j:plain

カサディンは高い瞬間火力と6-2秒に1回使える瞬間移動を軸に戦う近接アサシン。対魔法ダメージキャラを想定したスキルを持っているためメイジに強い。高い瞬間火力と機動力でマークスマンや柔らかいキャラを狩るのも得意。カサディンから逃げられるチャンピオンはそういない。カサディンを追えるチャンピオンもそういない。地形が複雑な場所だと特に。

 

そんなカサディンのモンタージュ動画。

www.youtube.com

アサシンらしく自分の強みを活かせる場を探して動く。カサディンは単純な事しかできないけど、知識と知恵を持つサモナーが扱うカサディンは本当に強いぞ!

 

カシオペア

f:id:Zombee:20170717033834j:plain

カシオペアはDPS型のメイジ。敵を毒状態にした時のDPSと移動妨害を武器に戦う。敵の方向でスタンorスローを付与する石化の魔眼もユニークかつ強力で面白い。多くのメイジが苦手とするタンクと戦える貴重な存在。毒霧で敵後衛を妨害しつつADCと協力して敵前衛から溶かしてやろう。ちなみに蛇だから靴は買えない。でも足は速い。

 

そんなカシオペアのモンタージュ動画。

www.youtube.com

条件を満たせばタンクのHPを十分に削れるDPSになるし、柔らかいチャンピオン達は凄い勢いで削れて死んでいく。何だかんだで足が速いから敵の攻撃も避けやすい。見た目は地味だけど上手くやった時の楽しさは格別。

 

ボトム(ADC)でオススメできるチャンピオン。

  • フォーチュン
  • ザヤ
  • ジン
  • アッシュ
  • シヴィア

今回は彼等を紹介するぜ。 ADCの中でも特徴的なスキルを持ってる連中を選んだ。

 

フォーチュン

f:id:Zombee:20170717054955j:plain

フォーチュンはメイジもビックリの高威力範囲攻撃を持つマークスマン。条件を満たすと異常な威力になる攻撃スキル、中盤から活きてくる攻撃増加バフ、良い感じの範囲スロー、高威力の範囲攻撃を持つ優秀なマークスマン。

 

そんなフォーチュンのモンタージュ動画。

www.youtube.com

扇状に弾を撃ちまくる攻撃は本当に強い。全て当たると柔らかいチャンピオンは死ぬ。この高威力範囲攻撃抜きでも十分に強いからマークスマンの入門に超オススメ。

 

ザヤ

f:id:Zombee:20170717053141j:plain

ザヤは羽で作った狩場に敵を誘いこんで狩るマークスマン。優秀なスキルセットを持っている。ADCの基本である引き撃ちをしている時に狩場ができる。フォーチュン程ではないけど範囲火力もある。上手くやればスネアも付与できるし瞬間火力もある。羽を持っている時は通常攻撃に貫通効果が付く。Rの緊急回避でアサシンの奇襲を回避する事も可能。ちなみに画像右。左は相棒のラカン

 

そんなザヤのモンタージュ動画。

www.youtube.com

羽の配置と引きよせを考えながら戦闘を組み立てていく。全体的に高性能で使い勝手が良く、狙いも単純でわかりやすく、何より格好いい。超スタイリッシュ!

 

ジン

f:id:Zombee:20170717055012j:plain

ジンは高火力だけど4発撃ったらリロードを挟む一風変わったマークスマン。攻撃速度もレベルでしか上がらない。マークスマンだけど操作感はメイジに近い。彼はクリティカルが発生すると移動速度が上がるパッシブを持つため、装備を2-3個買った頃から重い一発を撃ちながら移動速度500以上で走る怪人になる。

 

スキルセットも優秀で、ファームに便利な範囲攻撃、長射程どころか超射程のスネア、結構いやらしい罠の設置、HPの減っている敵に高いダメージを与えられるスナイパーモードと良いスキルを持っている。 

 

そんなジンのモンタージュ動画。

www.youtube.com

他レーンをメインにしているプレイヤーでも扱いやすい。他では味わえない威力の攻撃ができるから気持ちいい。キャラクターも個性的で面白い。最もピック率が高いマークスマンだ!

 

アッシュ

f:id:Zombee:20170717055021j:plain

アッシュはスローを駆使して通常攻撃で戦うマークスマン。かなり通常攻撃寄り。パッシブで通常攻撃にスローを付与することで追い撃ち引き撃ちに強く、攻撃速度上昇と追加DMを持つバフスキルで通常攻撃を強化できる。また、威力は控えめだけど使いやすいスロー付きの範囲攻撃、鷹の霊を使った直線状の視界確保、射程無限のスタン効果付きの矢、といった感じの便利なスキルを持っている。

 

そんなアッシュのモンタージュ動画。

www.youtube.com

彼女からマークスマンの基礎と視界確保の重要性を学べる。範囲攻撃を使った削り、視界の確保を使った敵ジャングルの捜索、スタン硬化付きの矢を使った少数戦の強さでレーン戦も強い。

 

シヴィア 

f:id:Zombee:20170717055030j:plain

シヴィアは移動速度増加バフとスペルシールドを持つマークスマン。安定感が売り。使いやすい範囲攻撃は2Hitさせることで柔らかい敵を大きく削れる攻撃、ミニオン処理に便利な通常攻撃を反射するブーメランにするスキル、敵の主力スキルやCCを防げるスペルシールド、攻撃にも防御にも使える移動速度増加バフを持っている。

 

そんなシヴィアのモンタージュ動画。

www.youtube.com

シヴィアは移動で回避できる攻撃を持つ敵を相手にした時、大きな一撃や状態異常を主力にしている敵と安定して戦うことができる。味方に強いファイターがいる時も移動速度増加が輝く。レーン戦でも集団戦でも驚きの安定感。

 

サポートでオススメできるチャンピオン。

  • ジャンナ
  • ブリッツ
  • スレッシュ
  • ブランド
  • ザイラ

今回は彼等を紹介するぜ。色物サポートも紹介しようかと考えたけど、調整に弱いし基礎あっての色物だから正統派の連中を選んだ。

 

ジャンナ

f:id:Zombee:20170717085730j:plain

ジャンナは味方の移動速度を増加させシールドとCCを駆使して味方を守る正統派のサポート。パッシブの移動速度増加の単純な強さ、任意のタイミングで発射できる竜巻を使った指定方向の打ち上げ、地味に効く単体指定のスロー、対象に粘り強さと物理攻撃力の増加を与えるシールド、自分を中心にした展開する吹き飛ばしとヒールを持っている。

 

そんなジャンナのモンタージュ動画。

www.youtube.com

純サポートだから攻撃力はないし、味方を支援するアイテムばかり買うし、ともかく地味に感じると思うけどサポートって基本こんなもの。全てのスキルとサポートアイテムを使って味方を支援する。敵の開戦を妨害したり、味方に粘り強さを与えたり、色々なきっかけを作ったりする。LoLの戦闘は小さな事で大きく変わる事を知った時、ジャンナの支援能力の高さと強さを知るであろう・・・。

 

ブリッツ

f:id:Zombee:20170717085741j:plain

ブリッツは自分から積極的に敵の行動を妨害できるスキルをもった攻撃的なサポート。味方を強化するスキルはない。その手で捕まえた敵を自らの位置まで引っ張り、たまにオーバードライブで無理な加速をして、目の前にいる敵をぶん殴って打ち上げ、フィールドを展開して敵に一瞬の沈黙を与える。

 

そんなブリッツのモンタージュ動画。

www.youtube.com

基本は狙った敵を捕まえて引っ張る事。グラブの精度がブリッツの命。攻撃的なスキルを三つ持っているためサポートの中では派手な方。そのグラブで良くも悪くもドラマを生む機械。スレッシュに次いでピック率が高い人気のサポートチャンピオン。

 

スレッシュ

f:id:Zombee:20170717085750j:plain

スレッシュは自分から積極的に敵の行動を妨害できるスキルをもった攻撃的なサポート。射程1075の長距離フックで敵を捕まえ、ランタンを拾った味方を自分の位置まで移動させ、方向を指定できる短い打ち上げを与え、自分を中心に強烈なスローを与える壁を作る。

 

そんなスレッシュのモンタージュ動画。

www.youtube.com

スレッシュの基本も狙った敵を捕まえること。フックの精度がスレッシュの命。フックとランタンを駆使した格好いい動きも可能。スレッシュも良くも悪くもドラマを生む。最もピック率が高い人気のサポートチャンピオン。

 

ブランド

f:id:Zombee:20170717085759j:plain

ブランドは全ての敵を燃やしちゃいたい攻撃的すぎるサポート。攻撃スキルしかない。だって本来の彼はミッドにいるべきメイジだもの。割合ダメージとDoTを持ち、相性の良いアイテムで効率的に火力を伸ばせるため、チームの火力面をサポート・・・している。

 

そんなブランドのモンタージュ動画。

www.youtube.com

この動画にはミッドのブランドとサポートのブランドが登場している。どちらも敵を燃やしているだけだ。サポートらしい行動はワードの管理をしっかりやっている事くらい。ミッドで活躍できるサモナーのやるサポートブランドは、ボトムでサポートしてるけどミッドのメイジなんだ。

 

ザイラ

f:id:Zombee:20170717085807j:plain

ザイラはスロー・スネア・打ち上げ・ペットを駆使して敵を殺しにいく攻撃的なサポート。ザイラも相性のいいアイテム云々を理由に出張してきているメイジの一人だ。拘束しつつサポートとは思えない火力で敵を削り殺してやろう。両方やってこそのザイラだぞ!

 

そんなザイラのモンタージュ動画。

www.youtube.com

ザイラの基本も削ること。集団戦時の最大火力はブランドに劣るけど、ザイラの場合は十分な量のCCで味方を支援できるし、植物で敵の行動を制限できるし、総合的に考えたら同格。

 

最後に

ちょっと考えたけど出さなかったチャンピオン達の名前を出しておくから興味があったら調べてみてほしい。

  • スウェイン
  • エコー
  • マオカイ
  • ヌヌ
  • ブラッドミア
  • フェイト
  • クイン

【LoL】今から始めるサモナー向けに初心者の頃に知りたかった事を記してみる

今回は、これからLeague of Legendsを始めようと考えている人達に向けて、初心者の頃に知りたかった事を書いておこうと思う。

 

読み進める前に、この記事は2017/07に投稿されたものである事を心にとどめておいて欲しい。LoLで情報が大きく劣化することは少ないけれども、やっぱり情報は鮮度も大切!

 

各モードを軽く紹介するよ

最初に、LoLに存在する各ゲームモードと開放の条件について、簡単に説明しておこう。いきなり「何これ何がどうなるの」となったら困るからな。

  • AI戦 - サモナーズリフト
    最初から可能なAI戦
    3つの難易度を選択することができる

  • 対人戦 - サモナーズリフト - ブラインドピック
    Lv3になる頃(AI数回)に解放
    一気に選択するため準備時間が短い
    ミラーマッチになりやすい
    練習中の人から息抜き中の人まで色々
    LoLの中心(Rankedをやらない勢)

  • 対人戦 - サモナーズリフト - ドラフトピック
    Lv10&無料含め16体以上を所持していれば開放
    順番にBANやピック等をするため準備時間が長い
    LoLの中心(Rankedをやらない勢)
    人口不足で日本鯖にはない


  • 対人戦 - サモナーズリフト - ランク戦
    Lv30&無料を除いて20体以上(?)を所持していれば開放
    LoLの中心(Rankedをやる勢)

  • 対人戦 - ハウリングアビス - オールランダム
    Lv6で開放
    一本道のMAPで戦うお遊びモード
    昔はカスタム部屋でやるローカルな遊びだった
    ARAMだけで遊び続けている人達もいるくらい人気
    日本鯖では時間限定で解放される

  • トレーニング - プラクティスツール
    練習モード
    色々と設定できるし的も置ける
    確認作業にもってこい
    一回やってみるといいよ!

こんな具合に、League of Legendsはサモナーレベル1から始まって、サモナーレベルを上げるとルーン、マスタリー、ゲームモードが解放されていく。ゆえに、最初はサモナーレベル上げという名のチュートリアルから始まる。このチュートリアルは上限のLv30まで続く。

 

とりあえずは、最初のチュートリアルで超基本的なルールを覚えて、ボット戦で操作を覚えながら対人を選択できるレベルまで上げて、対人モードを選択できるようになったら対人モードへ向かってみるといい。

 

対人モードへ行ったあなたは、初心者とサブアカウントと他鯖からの出張者が混ざる混沌とした空間に放りこまれる。もしかしなくてもボコボコにされるだろうけれども、当たり前のことなので落ちこむ必要はない。それは全てのサモナー達が通る道だ。

 

だから、始めたばかりの頃は『ボコボコにされる覚悟で対人戦に通い、ボコボコにされながら良い動きをする敵を探し、そういう良い動きをする敵を殺すべく試行錯誤する』なんて感じで遊ぶと良い塩梅になるぞ。

 

もし目障りな暴言マンに出会ったのなら、TABを押したところに出てくるミュートボタンを押してしまうといい。

f:id:Zombee:20170715075024j:plain

永遠に会話を表示させたくない場合は『/ignore 名前』でブロックリストに追加することも可能。これは試合後のリザルト画面でも行える。有害だと感じる程の暴言なら試合後にから通報しておこう。理由を具体的に記しておけば彼等は消える。

 

試合中の役割を軽く紹介するよ

現在のLoLでは、次の中から役割を選んで遊ぶことになる。特に真面目に戦うランク戦では、マッチメイキングの時点で次の役割から選ぶことになるから、始めのうちから覚えておいて、得意なレーンを作っておくと遊びやすい。

それじゃ役割を軽く紹介していこう。

  • トップ
    上レーン担当。たまに遊撃兵。1vs1に強いファイターやタンクのタグを持つチャンピオンを中心に選ぶ。サモナースペルで視界確保用の設置物や味方ミニオンに飛べる『テレポート』を選び、このテレポートを駆使して試合に介入していく。人数差で狩れそうなところを襲う、味方と反対側で単独行動しつつ開戦と同時に合流する、テレポートを使って敵を後ろから襲撃する等の戦略を基本に動く。

  • ジャングル
    森を担当する。遊撃兵。レーンと違いモンスターからダメージを受けながらゴールドを稼ぐため適性のあるチャンピオンから選ぶ。適性のあるチャンピオンなら何でもいける。全てのレーンに介入できる場所にいるため試合の序盤で大きな影響力を持つ。レーンと違って特殊である、レーンの知識も必要になる、以上の2点を理由に慣れてないプレイヤーにとっては最も難しいであろう役割。全てのレーンに介入できるため、理不尽に敗北の理由を押しつけられたり、接待を要求されたりすることがある。

  • ミッド
    中央レーン担当。火力役。魔法ダメージと範囲攻撃を主力にするメイジを中心に選ぶ。大会の花形その一。機動性と単体に対する瞬間火力に優れたアサシンをやりたい場合もミッドになる。育成に適したレーンでもあるため、単純に育てたら強いチャンピオンを選ぶ場合もある。MAPの中央かつ火力役だから敵を襲いやすいし敵に襲われやすい。プレイヤーの能力次第で大きな影響力を持てる。

  • ボトム
    下レーン担当。火力役。通常攻撃の物理ダメージを主力にするマークスマンを中心に選ぶ。大会の花形その二。基本Attack Damage Carry(ADC)と呼ばれる。高い単体DPSを持つ存在になれるものの、その柔らかさと火力から敵に狙われやすい。敵の攻撃を移動やフラッシュで回避しながら、そう長くない射程の通常攻撃を駆使して攻撃する必要があるため、集団戦で最も難しい立場になる。クリック主体でクリックミスで簡単に死ぬからクリックミスが多すぎると厳しい。

  • サポート
    下レーン担当。支援役。ボトムで火力担当を支援しつつ、必要に応じてMAP全体を走りまわる。サポートタグのついたチャンピオンを中心に使う。味方のやりたいこと、味方チームのやりたい事を理解して支援する必要があるから色々と勉強することになる。優れたサポートは多くの知識と知恵を持つ。

大体こんなところ。好みの役割があったなら、そこで使われているチャンピオンを選んで始めてみよう。特にないのなら、全ての役割をやってみたり、チャンピオンを片っ端から触ってみたりしよう。好みの役割、好みのチャンピオンを見つけたら、そこから練習を始めればいい。

 

チャンピオンについて

レーンの話をしたから、各レーンで使われているチャンピオン、そのチャンピオンで使うマスタリーとルーンを調べる方法について軽く記しておこうと思う。これらの情報は基本的に海外サイトで調べることになる。今回は有名所を二つ紹介する。

jp.op.gg

チャンピオン分析、統計、各プレイヤーの情報、各プレイヤーのランクで使用したチャンピオンのKDA等を閲覧することができるサイト。右上にある言語の部分『Japanise』から他のサーバーの情報を閲覧することも可能。海外の大会で活躍しているプレイヤーの情報を見たいなら、その国のサーバーを選んでサモナー名を検索すべし。高ランクプレイヤーなら、そのサーバーのランキングから探してもいい。

 

champion.gg

こちらはチャンピオン分析と統計に集中しているサイト。英語。慣れたプレイヤーだとOPGGになると思うけど、始めたばかりの頃はフルビルドや選択肢に入るアイテムを知りたいから、こちらのサイトも利用していくと遊びやすい。STATISTICSにあるSort Roleからロールを選択すると各ロールのチャンピオンが表示される。

 

各アイテムの効果はWikiもしくは公式サイトで確認すべし。各チャンピオンの情報、スキルの威力やクールダウンを知りたい場合も同様。

http://gameinfo.jp.leagueoflegends.com/ja/game-info/items/

https://loljp-wiki.tk/wiki/?Item%2FCategory

ちなみに、インフルエンスポイント(IP)でチャンピオンを購入は、やりたいレーンで使用するレベル3ルーンの物理と魔法の汎用を作るポイントを残した後なら好きにやって大丈夫。ルーンがないと辛いだけだから、ルーンを後回しにしたチャンピオン購入はお勧めできない。あと、IPは急に貯まらないから使用は計画的に。

 

値段については、初期にいるチャンピオンは安く、最新のチャンピオンは高い。安いから弱い高いから強いなんて事はない。現在の勝率や好みで購入して大丈夫。個人的にオススメできるチャンピオンを各レーン5体ずつ選んだから参考程度にどうぞ。

zombee.hatenablog.com

 

ショートカットについて

これは長くなるから別の記事に纏めておいた。

zombee.hatenablog.com

ショートカットじゃなくて設定になるけど、ゲームの項目にあるオートアタックは思考停止で外していい。onのままだと損する。

 

【LoL】S6用のルーン構成をまとめておくよ【初心者用】

これからLeague of Legendsを始めるサモナー達に向けて、LoLの重要な要素であるルーンのまとめておく。英語を使っていた部分はNAで遊ぶ場合のことも考えて残しただけなので無視してオッケー。

 

汎用構成

一般的な汎用構成のルーンはこちら。調整の例を見たい場合は下へどうぞ。

 

魔法汎用:例1

  • 魔法防御貫通 *9(英:Magic Penetration)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 魔力 *3(英:Ability Power)

最も基本的な構成。初心者の頃に「メイジ用の汎用ルーンが欲しいけど何を買えば良い?」と聞けば、大抵これを買うように言われるでしょう。どんな時でも間違ってはいないし十分な効果を期待できる。

 

魔法汎用:例2

  •  魔法防御貫通 *9(英:Magic Penetration)
  •  物理防御or魔法防御 *9(英:Armor or MagicResist)
  •  物理防御or魔法防御 *9(英:Armor or MagicResist)
  • 魔力 *3(英:Ability Power)

敵のダメージ源が物理or魔法しかない状況で防御力を高めることを目的とした構成。対面にあわせて防御を偏らせたい場合も使用する。普段と比べてちょっと固くなる。こういうのは大抵AllAD(全員物理)を見てから物理防御を選択する。

 

魔法汎用:例3

  • 攻撃速度 *9(英:Attack Speed)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 魔力 *3(英:Ability Power)

攻撃速度を必要としている魔法使いで使用する構成。攻撃速度を必要とするチャンピオンの性能(DPS重視)と魔法防御貫通を積んでいない点(瞬間火力の低下)が合わさってDPS重視になっている点に注意が必要。

 

物理汎用:例1

  • 物理ダメージ *9(英:Physical Dmg
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 攻撃速度 *3(英:Attack Speed)

物理用の最も基本的な構成。物理ダメージと攻撃速度の両方を必要としているADCやJUNGLE等で使用する。やたらと汎用性に優れる構成なので物理の汎用を欲しがっている初心者におすすめされやすい。

 

物理汎用:例2

  • 物理防御貫通 *9(英:Armor Penetration)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 物理防御貫通 *3(英:Armor Penetration)

敵の物理対策を貫通することを目的とした構成。最序盤から瞬間的な火力を重視している物理アサシンやドレイヴン等のADCで使用する。

 

物理汎用:例3

  •  物理ダメージ *9(英:Physical Dmg
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  •  物理ダメージ *3(英:Physical Dmg

単純に物理ダメージを必要としている場合の構成。攻撃速度を必要としていないスキルファイター等で使用する。

 

物理汎用:例4

  • 物理防御貫通 *9(英:Armor Penetration)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  •  物理ダメージ *3(英:Physical Dmg

2と3の中間。印に物理ダメージを入れて神に物理防御貫通を入れることもある。どのくらいの数値が欲しいのかで選択する。

 

両方で使える汎用:例1

  • 攻撃速度 *9(英:Attack Speed)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 攻撃速度 *3(英:Attack Speed)

何が何でも攻撃速度が必要な場合の構成。主にJUNGLEで紫を選択するようなチャンピオンで使用する。物理汎用1で代用できるため使うやら使わないやら微妙な立ち位置。JUNGLE好きなプレイヤーは用意してる。

 

 

調整用構成

何らかの目標を達成するためにルーンを使用する場合の構成例はこちら。

 

調整:例1

  • 魔法防御貫通 *9(英:Magic Penetration)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • Lv毎に魔力 *必要数(英:Ablity Power per level)
  • Lv毎に系 *余り枠orその他(英:per level)
  • 魔力 *3(英:Ablity Power)

ミニオンをスキルで処理しようとしたら微妙に残る(例えば10残る)ような場合に1発で処理するために数を調整しつつ使用する。

 

調整:例2

  • 魔法防御貫通 *9(英:Magic Penetration)
  • Lv毎にライフ or ライフ *9(英:Health per level or Health)
  • Lv毎に魔力 *必要数(英:Ablity Power per level)
  • Lv毎に系 *残り枠数orその他(英:per level)
  • 魔力(英:Ablity Power)

章に物理防御ではなくライフを選択した構成。特に物理防御を積む理由がない場合はこちら。ライフにしたこの構成は汎用としても使われている。

 

調整:例3

  • 魔法防御貫通 *9(英:Magic Pen)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • Lv毎にクールダウン *必要数(英:cooldown per level)
  • Lv毎に系 *残り枠数orその他(英:per level)
  • 魔力(英:Ability Power)

Lv毎にクールダウンを入れて中盤から後半にかけてのクールダウンを調整する構成。クールダウンの目標は大抵上限付近になる。40%以上までしか効果がないため、この構成は予めビルドを決めておかないと使いにくい。こちらも物理防御ではなくライフを選ぶ構成があり、汎用としても使われている。

 

調整:例4

  • 必要なもの
  • 必要なもの
  • クールダウン *必要数(英:cooldown)
  • その他 *必要数
  • クールダウン *3(英:cooldown)

最初からクールダウンを稼ぐ必要がある場合の構成例。迅速に農耕を行うために一刻も早くクールダウンを上限まで到達させたいナサスや、クールダウンで差をつけて戦いに勝つ策がある場合に使用する。をクールダウンに使用しないで小さく調整することもある。ランダムミッドのオールランダム(ARAM)やノーマルでふざけた思いつきを実行するときに大活躍する印象が強い。

 

調整:例5

  • 必要なもの
  • 必要なもの
  • 必要なもの
  • 移動速度 *3(英:Movement Speed)

移動速度を必要としている場合に使用する構成。簡単に言えば【敵より速くなくちゃ話が始まらない】ような場合に使用する。対象指定を中心としたチャンピオンが絡む攻防や移動速度を重視しているチャンピオンが絡む攻防で活躍する印象。

 

その他

使うやら使わないやら、使われているやら使われていないやら、いまいち判断がつかない構成はこちら。

 

その他:例1

  • 物理防御貫通/魔法防御貫通 *9(英:Armor Penetration / Magic Penetration)
  • 物理防御 *9(英:Armor)
  • 魔法防御 *9(英:Magic Resist)
  • 攻撃速度 or 魔力 *3(英:Attack Speed or Ability Power)

に両方を貫通できるルーンを使用したもの。物理ダメージ(通常攻撃)と魔法ダメージ(スキル)を扱うチャンピオンが好む。両方扱うチャンピオン達は通常攻撃を主力としているから物理汎用1でも問題ないとか、めったに使わない構成にルーンページを使うのは......とか、なんだかんだで使われなかったりする。

 

その他:例2

  • 物理防御 or 魔法防御(英:Armor or MagicResist)
  •  物理防御 or 魔法防御(英:Armor or MagicResist)
  • 紋 物理防御 or 魔法防御(英:Armor or MagicResist)
  •  物理防御 or 魔法防御(英:Armor or MagicResist)

「防御さえありゃ良いんだよ」とか「もう本当に無理だから勘弁して許して」とか、そういう場合に使用される防御しか考えてない構成。防具だけでも敵を倒せるだけの火力を持った連中にこの構成を使われると出会った瞬間に詰みを感じることがある。例えば物理でマルファイトと戦うことになったと思ったら物理防御を全力で積んできて絶望するほど削れないとか。侮ると後悔する程度には強い。

 

その他:例3

  • 必要なもの
  • 必要なもの
  • 必要なもの
  • 5秒毎にライフ自動回復 *3(英:Health Regen /5sec)

何の対策もしていないとスキルを使用するだけで追いつめられていくことになる、スキルのコストでヘルスを支払う連中で使用することがある構成。そういうチャンピオンの練習をしている間は必須級と言ってもいいかもしれない。

 

ルーンを探したいときのサイト

「自身にとって価値のあるものなのか判断がつかない・・・」ひと目でそんな気持ちになってしまう、プロ達が気に入っているルーンを探したい場合はこちらのサイトでどうぞ。

League of Legends Champion Builds and Guides - ProBuilds.net

 

「このチャンピオンはどんなルーンを使うの?」なんて疑問を解決したい場合は、上記のProBuildsでチャンピオンを検索するか、こちらのサイトを参考にどうぞ。

Champion.gg - LoL Champion Stats, Builds, Runes, Masteries, Counters and Matchups!

 

「特定のプレイヤーが使っているルーンが知りたい!」なんて場合は、次のサイトのようなサモナーネームを入力することで情報を見ることが出来るサイトを活用すると良いでしょう。ただし、この記事を最後に更新した時点では、日本鯖に対応していないので注意。API公開を待とう。

na.op.gg

LOLSTARZ - League of Legends サモナー検索 & ランキング : ロルスターズ

 

サービス開始前である、既存のプレイヤーは海外のサイトを利用している、などの理由から良質な日本語のサイトはなかった。海外サイトが日本語で利用できるように対応している最中のようなので、βから正式になる頃なら日本語で利用できるサイトが増えているかも。

 

【さくら式】の採掘&納品をソロ炭鉱生活に取り入れたから以下省略

最初に【さくら式】について説明しておきます。

 

さくら式は最近判明した【たんと掘れ燃石炭の報酬にある燃石炭を入れることで拡張される三段目の報酬枠(ローカル部屋/マルチ部屋限定)は燃石炭を12個/納品を8回で最大の8枠なる】という仕様に関する言葉です。この条件を達成するために1個ずつ納品する行為や、この条件を使って最大効率で周回するための決まり事を指して使います。

 

さくら式で重要なのは条件を達成する事とそのための納品方法なので、装備等に縛りはありません。これまで同様に「煙玉とモドリ玉を持っておくと便利である」くらいのものです。普通に行って普通に掘って納品時に1個ずつ丁寧(?)に12個を目安に納品すれば大丈夫。

 

なお、【さくら式】と呼ばれている理由は、2chの炭鉱夫が集まるスレッドを利用していた一人の炭鉱夫が、CCさくらを見ながら炭鉱夫として働いていた際に、ながらの連打納品で燃石炭を1個ずつ納品していたら三段目の報酬が増えていると気づいて書きこんで話が始まったから・・・となっております。

 

説明はこれで終わり。

 

今回は、そんなさくら式をソロ炭鉱夫の生活に取りいれてみたので、記事にしてみることにしました。しかしながら、記録をとるのが面倒だったので、この記事は【だいたい有用である】ことをものすごく雑に伝えることを目標としています。

 

これまでやっていた方法の話から入るとしましょう。この表・・・のような雑な記録は、燃石炭の納品回数は3回で、秘68BCで納品、10BCで納品、12BCで納品して終了のコースを1時間走ったときのもの。

さくら式前に使っていたコース(秘境 6 8 1 2 10 / + 4 5)とその結果 ─ 装備はテンプレギルド蒼
報酬 合計 納品数 納品回数 3段目の枠 時間
4 10 14 22 3 8 5:12
10 6 16 18 3 6 5:24
10 5 15 21 3 7 5:22
4 6 10 21 3 7 5:35
6 10 16 22 3 8 5:32
3 10 13 24 3 8 5:06
7 6 13 26 3 8 4:57
8 6 14 22 3 7 5:36
52 59 111       約43分

お守りの個数は燃石炭を20個以上納品しているだけあって悪くないものの、時間はマルチだと2:30前後になるから2倍近くになっています。

しかもこれは秘681210で20個以上集まって5:00~5:30前後で終わった場合の話で、集まらなかった場合は45まで行くことになり、その場合は6:30~7:00といった感じに・・・。 

回数は1時間やって8回が良いところなのは経験上は間違いなく、どんなに良くやっても9回はやれなかったし、1時間に2~3回45まで行くことになると、1時間に6-7回しか走れないこともありました。

 

さて。

 

そんな上記にさくら式の納品を導入してみましょう。導入するにあたって変更したのは次の2点。

  • 燃石炭12納品数8回の条件を意識して1個ずつの納品をする
  • 必要な燃石炭が少ないのでコースを秘68BC納品→1210納品に変更する
さくら式を導入して以前のコース(秘境 6 8 1 2 10 / + 4 5)を走った結果 ─ 装備はテンプレギルド蒼
報酬 合計 納品数 納品回数 3段目の枠 時間
5 6 11 18 8 7 4:21
7 10 17 14 14 8 4:01
7 7 14 17 9 7 4:14
3 9 12 18 11 8 4:33
4 5 9 16 9 7 4:13
1 9 10 18 11 8 3:58
5 8 13 17 10 8 4:32
4 11 15 20 11 8 4:06
9 9 18 15 15 8 4:03
45 74 119       約38分

\やったね!1回分の時間を稼げた上に安定してるよ!!/

  • 無視できる石が増えた
  • 燃石炭の納品数を減らしても問題なし
  • 最低限で良いから45まで行く必要なし
  • 1周につき約1分の短縮
  • そんなこんなで安定して1時間に9回は行ける

マルチ程の効率ではないものの、随分とマルチに近づきました。モンニャン等に手を出したい時は手を出せる、面倒なトラブルもない等、色々と自由であることを含めて考えると、良い感じの効率になったと言えるでしょう。

 

ちなみに、途中で失敗している理由は不明。報告では「5個入れてから1個ずつ入れたら大丈夫」なんて話もあったので、8回まで1個ずつ入れて残りを一気に入れる形だったのが悪かったかな・・・。

 

これについては【既に納品した燃石炭の数(ポイント)を次に燃石炭を納品した際に加算しているのでは?】という仮説があり、確かにそういう仕様なら先に5個を納品すれば大丈夫、5個を後から納品すると大幅にポイントが減っているから大丈夫ではない、なんて状態になりそうなので、詳しく調べればそういう仕様なのかもしれません。

 

もしくは、さくら式は「頑張ってきました」と主張して報酬を引き出していく、ある種のゲスを持った納品方法だから、頑張った事を主張する際に何かを間違えてしまったんでしょう。

 

ちなみに、同じコースで【通常の納品方法で秘68BC納品→1210納品で20個に到達していなくても絶対に帰る】をやった場合の結果はこうでした。

報酬 合計 納品数 納品回数 時間
5 4 9 17 2 4 4:27
8 8 16 16 2 4 5:03
4 5 9 17 2 5 4:48
10 6 16 18 2 5 4:38
8 3 11 16 2 4 4:55
0 5 5 18 2 5 4:12

20個にすら到達していないこともあって枠が少ない。もし掘れなかった場合の事を考えたくない程度には酷いね。途中でうんざりしてやめたので色すらついていません。絶対にこんな適当な採掘&納品をしてはいけない。

 

そんなこんなで【さくら式】を使った採掘&納品は大変有用なものでございました。我々の効率はCCさくらによって高められたのだ!

 

\絶対導入さくら式!/